トップ > 便秘のタイプ別対策

便秘は腸内環境を悪化させる

腸内環境が悪化する原因のひとつに、便秘があります。便秘は女性に多いものとされていましたが、最近では高齢者もなりやすい弛緩性便秘、男性がなりやすいストレス性のけいれん性便秘なども増えています。

ここでは、それらの便秘の症状と原因、そして対策を説明します。

直腸性便秘とトイレの我慢

トイレに行くのを我慢したり、おならをよく我慢したりしたときに起こりやすいのが、直腸性便秘というものです。

これは排便をガマンすることによって、便意が消えてしまい、それに慣れるにしたがって便意を感じにくくなっていくことが原因です。また、直腸に異常があって、器質的な問題で排便できないものも含みます。

大腸ではおもに水分が吸収され、小腸から大腸へ届いたウンチの材料は、水分が失われることでだんだんと硬くなっていきます。

そして、大腸のさいごの部分にある直腸に、ある程度の量のウンチが溜まったところで脳に情報が伝わり、便意が起こるという仕組みになっています。しかし、何度もガマンを繰り返すと、便意を感じにくくなってしまうのです。

便意がなければ、排便はできません。大ぜんどうという腸の反応も起こらず、自然に排便するという行為をおこないにくくなってしまうのです。

直腸性便秘の対策としては、きちんと毎朝、便意がなくてもトイレに向かうことです。そして、そこで便が出なくても、毎日数分間はがんばること。力み過ぎることは禁物ですが、排便リズムをつける必要があるのです。

もし直腸性便秘に悩んでいて、すでに直腸にウンチが大量に溜まってしまっているという場合は、とりあえず浣腸や下剤などを利用して、溜まったウンチを出すところからはじめましょう。

ただし、それらの便秘薬を使用する場合は、かならず用法・用量を守るようにしましょう。

けいれん性便秘とストレスケア

おもにストレスによって腸が痙攣を起こして、便がつまってしまうというのがけいれん性便秘です。

腸には筋肉があり、その筋肉が収縮と弛緩を繰り返して便を前へ前へと運んでいきます。この筋肉の動きをぜんどう運動といいますが、ストレスによってぜんどう運動が活発になり過ぎることがあります。

ストレスが自律神経を乱して、自律神経がコントロールしている腸のぜんどう運動を過活動状態にしてしまうことから起こるものです。

腸の働きが活発になり過ぎると、一部分がキュッとしまってしまうことがあります。それによって、便がその部分を通りにくくなり、停滞して便秘になってしまうのです。

対策としては、まずストレスの原因を突き止めること。そして、できるかぎりストレスの元凶を断つことです。もしストレスをなくせなくても、ほかのことで気を紛らわせてストレスを緩和するということも有効です。

自分の趣味、楽しいと思うこと、リラックスできることなどをおこなって、なるべくストレスをやわらげる生活を送れるように心がけましょう。

弛緩性便秘と下剤の服用

筋力の低下、下剤の使い過ぎによる腸の働きの低下などによって起こるのが、弛緩性便秘というものです。

弛緩性便秘は、その名のとおり腸が弛緩してしまい、ぜんどう運動が適切におこなわれなくなった結果、起こります。腸の動きが強すぎるためになってしまうけいれん性便秘とは反対の症状です。

筋力の弱い女性や高齢者、下剤などの便秘薬を継続的に使用している人に多く見られるもので、便秘のなかでもっとも多いタイプだとされています。

そのため、市販の便秘薬には、弛緩性便秘の症状を改善するためのものが多いです。しかし、それらの多用は逆効果。下剤を使うことは対症療法であり、根本的な原因の解決にはなりません。

むしろ、便秘を悪化させる可能性もあります。市販の便秘薬には刺激性成分が含まれている場合が多く、センナや大黄などの成分によって腸を刺激して、ぜんどう運動を強引にうながすというものがたくさんあるのです。

それを多用すると、腸が自分で便を押し出そうとするチカラがより低くなってしまい、自力で排便することがむずかしくなっていきます。つまり、便秘が悪化します。

腸本来の機能を損ねることなく、ぜんどう運動が自然に働くようにするために、腸内環境を改善するなどの根本的な対策が不可欠です。

弛緩性便秘のときはなるべく下剤の使用回数や量を減らして、ヨーグルトや乳酸菌サプリなどの摂取による、腸内環境の改善を目指すことが大事です。

このページのトップへ

トップページ