ヨーグルトでおなかの張り解消 トップ

おなかの張り解消にオススメのヨーグルト

おなかの張りを解消するには、ヨーグルトで乳酸菌を摂取して、腸内環境を整えることが大事です。なぜなら、おなかの張りの原因は、腸内環境の悪化によるガス溜まりだからです。

乳酸菌を摂るなら「カスピ海ヨーグルト」がオススメ。世界で有数の長寿地域であるコーカサス地方から持ちかえった乳酸菌と、北海道の生乳を使った良質のヨーグルトです。

ただし、ヨーグルトには脂質が少なからず含まれていたり、味の好みが人それぞれ違ったりという問題もあります。

そういった問題を解決できる、よりオススメのものが「乳酸菌サプリ」。錠剤や顆粒などに乳酸菌がギュッと凝縮されているから、飲むのも簡単だし、低カロリー。大量の乳酸菌を手軽に摂取できます。

善玉菌のチカラ

たくさんある乳酸菌サプリのなかでイチオシなのが「善玉菌のチカラ」です。

1粒に20億個以上の乳酸菌が含まれており、そのほかにカルシウム、食物繊維も配合。カロリーは、1粒あたり0.71Kcalと低カロリーです。

お試し価格は1,950円(税込)で、さらに送料無料ということで、とてもリーズナブルです。

いろいろな健康効果が研究によって証明されている、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌と同じものが含まれています。大手のフジッコが製造・販売しているから安心感もあります。

腸内環境の改善のためには、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす必要がありますが、そのために毎日ヨーグルトを食べるのはツライという場合は、ぜひ乳酸菌サプリを試してみてください。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を大量に、そして手軽に摂取できる善玉菌のチカラ。スッキリできなくて悩んでいる方に、オススメです。

善玉菌のチカラの詳細・購入はこちら

おなかの張りの原因

おなかの張りの正体は、腸内にたまったガス。ガスの多くは空気ですが、腸内環境の悪化によって有害物質(ガス)が溜まったり、便秘によってガスが出にくくなったりすることがより症状を悪くします。

慢性的なおなかの張りを解消するには、腸内環境を良くして、有毒なガスの発生を抑えることが必要。そのためには、腸内でタンパク質を分解して有害物質をつくりだす「悪玉菌」を減らすのが有効です。

目次

ヨーグルトが腸内環境を整える

おなかの張り対策には、ヨーグルトがオススメです。

腸内には100兆個もの細菌がすんでおり、その種類は1,000もあるとされています。そのなかで、便秘解消や悪玉菌の抑制に役立つ「善玉菌」を増やすことが、おなかの張り解消の大きなポイントです。

そして、善玉菌を増やすのにいちばん身近でカンタンな方法が、ヨーグルトを食べるということ。

ヨーグルトに多く含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌の働きを助け、活性化します。それによって便通が改善されたり、腸内の有害物質が減ったりするということがいろいろな研究で明らかになっています。

善玉菌にはビフィズス菌と乳酸菌がありますが、それをヨーグルトから摂ることで、腸内の善玉菌を増やして、反対に悪玉菌を抑えることができるのです。

どんなヨーグルトが良いの?

おなかの張り解消にヨーグルトが良いことはわかっても、市販されているヨーグルトは非常に多いので、どれを選べば良いのかわからないということもあるかもしれません。

腸内環境改善のためのヨーグルト選びのポイントは、2つです。

  • 生きたまま腸まで届く乳酸菌が含まれているか
  • 乳酸菌の含有量は充分か

ビフィズス菌や乳酸菌は胃酸によって、そのほとんどが死滅してしまいます。「じゃあヨーグルトを食べてもダメじゃないか」と思うかもしれませんが、そういうわけでもありません。

ビフィズス菌と乳酸菌をあわせると非常に多くの種類があり、同じ「種」の細菌でも、そのなかにさらに「株」という性質の違う分類があり、それぞれ酸に対する強さや効果が違うのです。

つまり、胃酸に負けずに腸まで届く乳酸菌を含んだヨーグルトを選ぶことが、大事であるということ。そして、乳酸菌の量が少なくてはあまり意味がありませんので、充分な量の乳酸菌が含まれているかどうかも重要です。

ほかにも細かなポイントはありますが、基本的には上記の2点をおさえたものであれば大丈夫です。

だいたいの場合、商品の外装に乳酸菌の種類や数が書いているので、それを参考に決めましょう。といっても、実際にスーパーで探すとわからないかもしれませんので、オススメの商品を紹介。

BB536というビフィズス菌で発酵させた森永乳業の「ビヒダス」、LKM512というビフィズス菌で発酵させたメイトーの「おなかにおいしいヨーグルト」の2つは、特定保健用食品(トクホ)なので信頼感バツグン。

トクホ以外では、本場コーカサス地方由来の乳酸菌であるクレモリス菌FC株を含む、フジッコの「カスピ海ヨーグルト」がオススメです。

もし迷った場合は、これらのなかから選んでみてください。そして、できれば毎日200g以上を食べるというのを、2週間くらい続けてみてください。

腸内環境が悪化してしまっている場合、2週間程度では改善されない場合もありますが、不摂生をしないかぎりは、上記の期間つづければ便通改善などの結果があらわれる可能性があります。

乳酸菌との相性の問題があるので、特定のヨーグルトに効果を感じられないということもあります。それをふまえて、2週間くらい同じヨーグルトを続けて食べて、排便の状況などをチェックしましょう。

もし改善されなければ別の商品に変えて、様子を見てみてください。すこし面倒な作業ですが、きっと、自分の腸に合ったヨーグルトが見つかると思います。

乳酸菌サプリもオススメ

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を摂るにはヨーグルトが良いと説明しましたが、ヨーグルトよりもオススメなのが「乳酸菌サプリ」です。

乳酸菌サプリとは、善玉菌がたくさん配合された専用のサプリメント。錠剤タイプのものや顆粒タイプのものなどいろいろありますが、飲みやすく、いつでもどこでもサクッと善玉菌を摂取できるのが良いところです。

ヨーグルトは健康に良いですが、場合によっては脂質の摂りすぎになりますので、ダイエット中の方などにはデメリットもあります。また味に飽きたり、ヨーグルト自体が苦手だったりすることもあるかもしれません。

そんなときには、ぜひ乳酸菌サプリを試してみてください。

乳酸菌サプリならカロリーの摂り過ぎにはなりませんし、味が苦手ということもありません。体重の増加にはつながりませんし、カンタンに摂取できるので、続けやすいというメリットもあります。

腸内環境はすぐには好転しないので、続けることが大事ですが、その観点でもヨーグルトより乳酸菌サプリのほうが優れているのです。

価格が気になるかもしれませんが、毎日良質のヨーグルトを食べる場合とあまり変わりません。善玉菌を増やしたり健康を増進したりするための補助成分が入っているサプリも多くあり、それも考慮するとコストパフォーマンスは良いと思います。

オススメは善玉菌のチカラ

乳酸菌サプリは食品会社や製薬会社などからいろいろな商品が製造・販売されていますが、そのなかでもオススメなのはフジッコの「善玉菌のチカラ」です。

善玉菌のチカラには、カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌「クレモリス菌FC株」が配合されています。その数は、1粒あたり20億個以上。それだけの生きた状態の乳酸菌を、手軽に摂取できます。

クレモリス菌FC株の特徴は、菌がつくりだす独特の粘り成分にあります。その粘り成分は「EPS」と呼ばれるもので、いままでに免疫細胞の活性化、ストレスによる肌機能の低下の改善などの健康効果が発表されています。

もちろん整腸効果に関する研究結果もありますし、ほかにもアレルギーへの効果、美肌効果、生活習慣病への効果などが、その研究から明らかになっています。

善玉菌のチカラには、そんなクレモリス菌FC株が20億個以上含まれているほか、カルシウム70mg、スッキリに良いとされる食物繊維も配合されています。

そしてカロリーは非常に低く、1粒あたりの脂質は0.01g、カロリーは0.71Kcalなので安心。それだけの内容でありながら、お試し価格は1,950円(税込)で、送料無料。定期コースならもっと安いです。

おなかの張りに悩んでいて、善玉菌を増やしたいと考えているなら、ぜひ乳酸菌サプリを試すことも検討してみてくださいね。数ある乳酸菌サプリのなかで、善玉菌のチカラはオススメです。

善玉菌のチカラの詳細・購入はこちら

乳酸菌がおなかの張りを改善する仕組み

ヨーグルトや乳酸菌サプリに含まれる乳酸菌が、なぜおなかの張りを解消するのに役立つのかというと、冒頭でも触れたとおり、おなかに溜まるガスの原因である悪玉菌の増殖を抑えるからです。

腸内には約100兆個の細菌が生息していますが、そのなかにはカラダにとって有益な働きをする乳酸菌などの善玉菌のほか、悪さをする悪玉菌、どっちつかずの日和見菌などの種類があります。

善玉菌が多ければ、消化吸収が良くなったり、便秘や下痢になりにくくなったり、免疫力が高くなったりという良いことが起こります。

反対に悪玉菌が多いと、問題が起きます。腸内環境が悪化して便秘になりやすくなったり、ガスが溜まりやすくなったりしますし、場合によっては体臭や口臭が強くなったり、肌荒れを引き起こしたりすることもあります。

それらはすべて、悪玉菌がつくりだす有害物質のせいです。

悪玉菌は未消化のタンパク質(肉類)を分解して、アンモニアやインドール、スカトール、フェノール、硫化水素などの有害物質(ガス)を発生させます。それが体臭や口臭、肌荒れ、便秘、便臭、ガス腹の原因になるのです。

有害なガスが腸内に溜まるとおなが張りますし、ときには強い痛みをともないます。

ガスを出せるならまだよいですが、便秘のときはウンチがガスをとじこめてしまい、出そうにも出せないという状況になることもあります。そうなると非常にツライですよね。

そのような理由で、腸内環境が悪化した悪玉菌が多い状態は、おなかの張りに大きく関係しています。そしてその対策には、悪玉菌を抑える働きをする善玉菌を増やすことが大事なのです。

いろいろな研究の結果で、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やすことで、悪玉菌が抑えられて、便秘の症状が改善したり有害物質が減ったりすることが確認されています。

また、全体の約70%の免疫細胞が集中するとされる腸内の免疫システムが活性化されるため、風邪やインフルエンザの予防や症状緩和、さらにはアレルギー対策の効果もあるという研究データもあります。

おなかの張りを解消するだけでなく、健康的に生きるための免疫力アップの恩恵も受けられる、乳酸菌のパワー。これを取り入れない手はないと思います。

ふだんの食生活にヨーグルトや乳酸菌サプリを加えることで腸内環境の改善へとつなげて、より楽しく活発な人生を送っていきましょう。おなかの張り改善に、ぜひヨーグルトなどを役立ててください。

更新情報

  • 2016年01月31日 : おすすめサイトを追加
  • 2015年05月24日 : サイトを公開

このページのトップへ

トップページ